カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

緑茶品種 ナンバー1!

  • 「やぶきた」は、杉山彦三郎氏が1908年(明治41年)に選抜した品種です。
  • 命名の由来は、孟宗竹(もうそうだけ)の竹藪の開墾畑の種子を播種し、その中から2個体を選抜し、南側のものを「藪南」、北側のものを「藪北」と称したところからきています。
  • 1955年(昭和30年)、静岡県奨励品種に指定されました。
  • 加工品質においては、一番茶の品質に優れ、香味が清爽温和で上級煎茶として消費者の嗜好にマッチした品種です。

「やぶきたの父」

杉山彦三郎 安政4年(1857)〜昭和16年(1941)

 静岡県安部村有度村(現静岡市中吉田)に生まれ、わが国茶品種改良の先駆なした。明治10年から優良系統の選抜育種試験を行ない、優良品種「やぶきた」を発見した。

 「やぶきた」のおこりは、竹やぶの開墾した試験園の北側の位置に母樹があったために名付けられたもので、樹勢・品質の優秀性認められ、昭和28年農林省に茶樹登録制度が設けられるとともに奨励品種に指定された。

 今日、全国にこれに勝る品種なしとされ主役を果たしている。

ページトップへ